畳ベッド

Image Replacement

最近は洋室の部屋が増えました。でも、やっぱりあの畳の感覚は懐かしい。それに寝るときもあの硬さ加減が心地よい。畳ベッドはそんな畳の感覚で床につける魅力的なベッド。日本人にとって理想的なベッドスタイルかもしれませんね。

畳ベッドで和室のような感覚

洋風の生活スタイルが当たり前になっても、やはり畳に寝転ぶとほっとするのは、日本人ならではでしょうか。
畳ベッドは、畳をベッドにした健康的な寝具です。元々畳は日本の気候に適した床材です。

材料であるい草は、湿度を調整する作用や殺菌効果も確認されています。そんない草で作られた畳ベッドは、アレルギーや不眠に悩む方々はもちろんのこと、やわらかすぎるベッドが苦手な腰痛持ちの方にもおすすめです。普通にお布団を敷いてベッドとしてお使いいただくだけでなく、ベッドの上に直接座ったり寛いだりすることも可能です。お布団を干している間、畳の上にごろり、と寝転がるのも日本ならではの楽しみですね。

和室のない家でも、ちょっと畳の感触を楽しんだり、い草の香りで癒されてみたりするのも良いのではないでしょうか。更に、畳ベッドはベッド下が収納スペースとして活用できます。実際にベッド下に収納棚がついているものもあるのです。日本の風土に合うだけでなく、健康にも良く収納もできるとは、昔ながらの知恵と現代社会の見事な合作ですね。

畳ベッドを通販等で購入する際のポイントはどんなところでしょうか。

畳表の質(イ草の質)があげられると思います。ただ、これは素人には判断は少々難しいかもしれません。い草の太く目が詰まった丈夫で弾力性に優れた特徴が十分に生かされていることが大事ですし、いかにきちんと丁寧に畳が作られているかによっても質が違います。イ草の質は産地によっても違いますし、同じ産地でも当然、草質は違います。こだわればきりがありませんが、これもひとつの判断基準となってくるでしょう。良い畳表のものは当然価格も高くなります。

畳跳ね上げ式かどうか。跳ね上げ式の畳ベッドは、ベッドの下を有効な収納場所として利用することができます。ベッドの下はもともとホコリが溜まりやすい場所ですが、そこをベッドと一帯のBOX収納式にしてあり、跳ね上げ式で開閉するタイプだと、ベッド下部に埃がたまるということも防げます。

宮付か否か。好みにもよりますが、ベッドの枕元に、なにかもの(眼鏡とか)を置いたりしたい場合には、宮付タイプだと便利でしょう。

畳の下がすのこタイプになっているものがあります。すのこは通気性が優れていますので、カビ防止等として使われています。部屋がかびやすい場合などはすのこタイプを選ぶとよいかと思います。